読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

通勤電車でも心安らかに過ごす方法

いつも通りの朝の通勤電車、いつも通りの停車駅。でもその日はちょっと違っていた。電車に乗って二つ目の停車駅に差し掛かる頃、突然静寂を破る嬌声が聞こえてきて、思わず読んでいた新聞から目を離した。声の主は数十人の小学生たち。遠足だろうか?それを…

結婚のコスパを計算してみた。

結婚は「コスパ」が悪いらしい。先日、そんな価値観を持つ若者が少なくない、という記事を見た。確かに、昔は「就職して結婚して子供を持って、マイカーやマイホームを持って」というのが今で言う勝ち組、いやそれ以前にみんなが歩みたいと思う、社会の一般…

どうして面接がうまくいかないのか

就活の季節だ。今年も、就活に向かう知り合いたちは、エントリーシートや面接に四苦八苦したり、その結果に一喜一憂してる。この時期になると20年近く前の自分の垢抜けない就活経験を思い出し、そのイケてなさに嘆息したくなる。自己分析、志望動機、強み、…

父親としてほんとは娘に伝えたくても言い出せないこと

「こないの。」はるか昔、学生時代の頃、この言葉にひそかにおののいていた。未婚男性ならきっと一度は聞いたことがあるであろう、彼女からのこの言葉。返答こそ「そっか~」なんて平然を装うけど、心の中では「な、なにぃ~!?」とうろたえることこの上な…

満開の桜の季節のお別れ

願わくは花の下にて春死なんその如月の望月のころ多くの桜の歌を残した西行法師が詠んだもの。如月の望月のころ、とはお釈迦様が亡くなられた2月15日だそうだ。西行法師は晩年、自ら食を絶って、お釈迦様の亡くなった日に近い2月16日に亡くなったとされる。…

「もう長くない」と聞かされたら。

母からメールがあった。「おばあちゃんはGWまでもたないかも。」今僕には二人のおばあちゃんがいるが、先日施設に入ったばかりのハイカラおばあちゃんじゃない方のおばあちゃんのこと。先日施設で99歳のお祝いをしてもらったらしい。娘や孫、ひ孫たち数人に…

おばあちゃんが施設に入ることの幸せ

うちのおばあちゃんは、僕が生まれた時からおばあちゃんだ。当たり前だけど。今90台半ば、今僕が40歳だから、55歳ぐらいの時の孫になる。昨日そのおばあちゃんが引越しした。僕が生まれるはるか前、父親の子供の頃から住んでいた家を離れる。正確に言えば阪…

不確実な世の中で成功する秘訣

小さい頃の自分を知ってる人と出会うとどうも勝手が狂う。昨日15年ぶりに従兄弟にあった。10歳ぐらい上のそのお兄ちゃんには、従兄弟たちの最年長で、よく肩車をしたりして遊んでくれた。その後の彼は波瀾万丈だった。まだ今ほど一般的でなかった80年代、学…

今日からできる、人間関係をより良くするちょっとしたコツ

締めの文句は「期待してるよ!」らしい。先日、管理職として、評価者研修を受けた。もちろん一番の目的は人事評価を如何に適切にするか、ということ。でも色々教えてもらう中で、評価者である前に、一人の人間として立派に振る舞えること、そして周りの人た…

最近つまらない、と思ってる人必見!暗闇で感じる非日常、ダイアログ・イン・ザ・ダーク

「はくじょう」この読み方すら知らなかった。目が見えない人が持っている白い杖のこと。今日貴重な体験をさせてもらった。仕事上での参加だから何ともありがたい役得だ。「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」 完全な暗闇を体験するソーシャルエンターテイメント…

中学受験を終えて気づいた、親が守るべき振る舞い

「結局受験ってなんだったんだろうねえ。」どちらからともなく、また受験の話になった。受験から解放されて、すっきりしてる娘と異なり、どうも親は二人とも、受験を中心に回っていた日々の生活からのリカバリーがうまく行ってない。あれだけの労力を費やし…

これだから家族はやめられない。主役に寄り添う喜びを感じる日。

思わず涙が込み上げてきた。そういやいつ以来だろう。感情移入しやすいので、友人の結婚式ですぐもらい泣きしたり、映画に感動することは結構あるけど、我が事で涙が出るのは久しく記憶がない。厳密に言えば、今回も本当の我が事ではないけど。試験日から一…

受験生の親ってほんとツライ。受験に向かわせたのは自分ですが。

自分以外の人を応援するほど、もどかしいものはない。ましてやそれが身近で大切な人ならなおさらだ。そういえば昔、阪神タイガースのあまりの不甲斐なさに苛立ち、挙げ句の果てに「自分の力の及ばないところで一喜一憂することの愚かさ」に気づき、ファンと…

後藤健二さんの死を無駄にしないために、まず僕らが対峙すべきこと

昨日は世界中で怒りが渦巻いてる気がした。 「非難」「憤怒」「抗議」、、各国要人の激しい言葉が紙面を踊っていた。 今回の事件は、自分の仕事にも暗い影響を及ぼしかねない大変な事件だ。 このまま渦巻く怒りの勢いをかって、日本はどこへ向かうのか、そし…

世界中でイジメや負の感情を劇的に減らす魔法の仕掛け

後藤健二さんの奥さんの悲痛なメッセージが全世界を駆け巡った。最愛の人が人質になり、今にも殺されそうな状況にある。そしてその極限の状態が世間の目にさらされながら、数日に渡り続く。そんな境遇にある人の精神的な辛さは、とても想像できるものではな…

これだけは忘れたくない。受験生の親が大事にしておくべきこと。

本番まであと2週間を切った。自分は経験したことがないだけに、12歳の子供が大一番を迎える気持ちがどれほどのものかは実感できない。ただ、普段はそれほど喜怒哀楽を表に出さない娘にしては、涙したり親に甘えてみたり、弱気な言葉を発したりするあたり、さ…

忘れられないあの日の出来事から得たもの

今日やったこと。ここに書くほどでもないどうってことないことばかり。でも、今日はあえて記録しておきたい。朝起きて、家族でダラダラと朝ごはんを食べる。少しは家事の手伝いをしないといけないから、洗濯機をまわし、食器を洗う。グズグズやってる子供達…

今だから思う、成人したその日から大事にしておけば良かったと思うこと

「成人の日」って何する日なの?また子供達は打ち返しにくい剛速球のストレートを投げ込んでくる。まあ、こんな質問にさらりと深イイ話などできれば、理想の親としてもう少し祭り上げてくれそうなものだが、うちは夫婦二人してしどろもどろ。「何した?」と…

人に力を与え導く秘訣はどこにあるのか

久しぶりに胸をうつ言葉を見た。 今日から子供たちは3学期が始まる。 特に4年生の息子は、今年大当たり。 評判の担任にあたったおかげで、クラス全体が活気付き、またクラスを「家族」に例えるほどみなが仲良くなり、そして先生を慕う状況が生まれている。 …

人に力を与え導く秘訣はどこにあるのか

久しぶりに胸をうつ言葉を見た。 今日から子供たちは3学期が始まる。 特に4年生の息子は、今年大当たり。 評判の担任にあたったおかげで、クラス全体が活気付き、またクラスを「家族」に例えるほどみなが仲良くなり、そして先生を慕う状況が生まれている。 …

夢と目標が持てない人は幸せか

一年の計は元旦にありというけれど、今年もこれといった目標のない年になりそうだ。もともと夢や目標がある方ではない。小学校時代の卒業文集だって、なりたいものがなくて苦し紛れに弁護士と書いた。当然今はそうなってないし、そもそも大学からして法学部…

僕らの人生ってとるに足らなさすぎて笑える

今日の日経でベテルギウスのことが書いてあった。受験生の長女はもとより、とにかく毎日バタバタと家族それぞれが忙しいが、たまに休みの日にその日にあった新聞やTVネタで盛り上がるひと時がある。今日はベテルギウスの寿命の話。日本人には一番有名な星座…

クリスマスの日の卒業

今年はついに長女にはサンタが来なかった。「サンタってパパとママなんでしょ?友達言ってたし。」と唐突に妻に質問をぶつけたのが2ヶ月前。それまでもサンタばれ危機はあったし、もう小6にもなると薄々感じてるんだろう。「私もそのうち子供にプレゼント買…

群れることと異質さを正しく理解する大切さ

そもそもヒトはなぜ群れたがるんだろう。最近の痛ましいニュースを見てふと思った。パキスタンでタリバンが学校を襲撃して、子供を含む140人が死亡したとか、アメリカで黒人が警察に射殺されて抗議行動が広がってるとか、シリアで政権と反体制の争いで多くの…

子供を持ったら得られる喜びは役者と同じ

ドラクエ世代の所帯持ちには、たまらないネタが出回ってた。 題して、 「子供を持った時点で自分は脇役になる」って話をドラクエに例えてみた 前編 | カタルエ - 専業主夫の漫画ブログ 「子供を持った時点で自分は脇役になる」って話をドラクエに例えてみた …

反抗期の子供を持つ親が、子育ての醍醐味を感じる瞬間

息子は小学4年生、多感なお年頃の入り口にいる。自分のことを振り返ってみても、この頃からだったように思う。親にいろいろ反抗し始めたのは。昔は良かった。ハイハイを始めた、歩き始めた、、小さい頃は一つ一つの新しいことがすぐ喜びに変わり、それを褒め…

エボラ出血熱研究の第一人者に学ぶ、正しいエボラの知識

職業柄、世界のいろんなニュースや事象が僕らの事業のきっかけになるので、いろいろ薄く広く知っておかないといけない。 そんな中、今年世界中で話題を振りまいた(といってもあまりうれしくない方で)感染症は、もしかすると世界流行語大賞ノミネート候補か…

クリスマスの季節が近づくと言いたくなる、ルミナリエのこと

クリスマスシーズンが近づいてくると町中が色めき始める。 今や桜や花火のシーズンと同様、数々のイルミネーションスポットを教えてくれるサイトすらできていて、すっかり季節の風物詩となった。 でもちょっぴり複雑な気持ちになる、神戸出身者としては。 …

はやぶさ2打ち上げ成功を記念して爆速で成長する方法を考えてみた。

はやぶさ2が無事宇宙に飛び立った。6年で52億キロの航海か~、となんとなく呟いてみるけど、まったくピンとこない。6年後といえば2020年、オリンピックイヤーだ。そういえば去年、一番上の娘の誕生日か何かでお祝い焼肉に行った時、2020年にはみんなどうなっ…

夫婦で余命宣告、こんな境遇になったら普通は打ちのめされて立ち上がれない

自分でもそう思うけど、普段冷静で感情が表に出にくいだけに、何かの拍子で逆にボロ泣きする傾向がある。その琴線の多くは映画やドラマだ。恥ずかしい思いとともにずっと記憶に残ってるのが大学1年の時に見たシンドラーのリスト。確か5人ぐらいの男女で映画…

鈍く輝く現在地を認め合う喜び

何年ぶりかに銀行同期の会に参加した。わずか4年足らずでやめてからもうすぐ14年、まあその仲間として呼ばれ続けること自体ありがたい。今日集まった6人のうち、転職してしまったのが自分を含めて半分、所帯持ちは5人、そのうちあれだけいろんな子と付き合い…

育児疲れに悩む全てのママを全力で応援するうた

今日も家に帰ると妻は口を開けて眠っている。 起きるなり「今日はどこに出かけるの?」とどこに行くか答えが返ってくるまで連呼する遊び盛りの3歳児に一日中振り回され、小学生2人の勉強や習い事に奔走しながら、料理し洗濯し掃除し。。 そんな怒涛の毎日…

プーさんにNoをつきつけた町議会の理由が斬新すぎる。

あいた口が塞がらないというのはこういうことを言うんだろう。久しぶりに家族で、「えぇ~っ!?」とかいいながら楽しませてもらった。なんでもポーランドの片田舎の遊技場でプーさんが出入り禁止になったとか。その理由があまりに秀逸。なんでもセクシャリ…

今思えば、僕の人生全て計画通り

だいたいミーハーな僕は著名人のライフハック的なスピーチを見るとついいつも感化されて、いろんな思いや考えが浮かび始めてしまう。今回のきっかけはこちら。TwitterのCEO ディック・コストロ氏のミシガン大学でのスピーチ。 これがよかった。恥ずかしなが…

受験、就活、婚活、昇進、子育て、人生のあらゆる局面で成功に導くたった2分の行動。

受検が近づくとマイペースの長女もさすがに不安を覚え始めてるようだ。しかもリハを兼ねていろいろ模試を受け出してるだけに、どうしてもその結果に一喜一憂し、ともすれば自信を失いがちになる。そんな長女の様子を見て、何かヒントはないかと妻が探して見…

日本人には絶対できない、ベトナム人の爆笑写真に学ぶべきたくましい生き方

週末妻がこの記事を見て大爆笑してた。 合理的?大雑把?ベトナム人のたくましさを垣間見る写真54枚 そうやった~!! 突っ込みどころ満載のベトナム! ひとつひとつ見ては、「あるある!」とか「なつかしい!」とか叫びながら思い出アルバムを見るかのよう…

大人になったらどうなるのかを子供に教えたくて調べたら、驚くほどいろいろあった

今一番上の娘は公立中高一貫への受験勉強を頑張ってる。続く長男は4年。ずっと公立だった僕には納得できないけど、中学から私立だった妻は長男だけは私立入りを切望してるので、これから3年はずっと中学受験の日々だ。さてこの受験の意義が難しい。ある大切…

普通に幸せとかもう言えない

おとといの小学校プチ同窓会でもう一つ思ったことがある。その集まりの中では、小学校時代の思い出と25年後の今があって、見事にその間共有したものがない。なので昔のイメージから変わってしまったやつ、予定通り東大いって官僚になったすごいやつ、可愛か…

ラブラブな夫婦にぜひ聞きたい!こんな時旦那が妻にとるべき行動

結婚して14年にもなると、だいたいお互いの性格や気分の浮き沈みは手に取るようにわかるようになる。さらに言えば、ここは絶対相容れないポイント、絶対喧嘩になるポイントだな、といった「ここを超えちゃだめ」的なボーダーラインも。それでも時々どうした…

同窓会で感じた現状への危機感

久しぶりの小学校時代の同窓会。中学から私立に行ったやつたちもいて、その後の人生はバラバラ。それでも現代の文明の利器はすごいもんで、FBがつなげてくれる。いや、本当はそんなツールだけでは意味がなくて、それを使ってつなげてくれる人間がいるからだ…

日本って実は尊厳死大国だった?!

「えっ?!そんなん、日本ちょっと前まで普通やったやん。」おかしなことを言うことが多い妻だけど、たまにハッとさせられることがある。最近世界中で議論を巻き起こしてる、尊厳死の問題。たまたま新聞の記事にもなってたので、何気なく話題をふる。 米 末…

アイデアが斬新すぎる?!世界の頭脳はここまで進んでいた

子供が年頃になると、どうでもいいドラマやバラエティよりも、Eテレにお世話になることが多い。 いろいろNHK批判が鳴り止まないけど、実際の番組ひとつひとつは純粋に知的好奇心をくすぐるものか多い。 毎回楽しみに視てるもののうち、スーパープレゼンテー…

結婚したいなら決断するな

なんで結婚決めたん?と聞くとよく返ってくる言葉がある。「勢い」とか「魔がさした」とか。まあ、当人たちは幸せの絶頂期にいるから照れ隠しと冗談が混ざっての回答だ。でもこの前、あながち間違ってないんでは、と思わされる事があった。友人との飲み会で…

実は妻がアレでして

妻はやっぱりアレだ。 今日仕事も普通に終わり、まっすぐ家に帰る日。 なんとなく帰るコールをしてみた。 いつもなら「はいよ」で終わる、あってもたまに買い物を頼まれるぐらいのやりとりだけど、今日は違った。 今日は末娘を保育園に預け、ハノイ時代のマ…

これぞ神対応!子供にぜひ伝えたいサンタの真実

うちにはまだサンタさんが来る。末っ子はまだ3歳で、これからサンタさんのドキドキと喜びを味わう年頃になる。だから今後数年間うちにサンタが来ることはほぼ確定している。でも悩ましいのが上二人だ。2年前にはサンタの正体が明かされる危機にもあった。た…

センスゼロ、不器用な男でも女性を喜ばせられる方法

贈り物で格好良く女性を喜ばせることのできる男性のセンスは全く理解出来ない。 ましてやサプライズで喜ばせるなんて無理。 職場で、あるいは社会人として見せるべき気遣いはどちらかといえばできる方だと思ってる。 実際、空気読めないと言われたことは皆無…

お年頃の娘とどう付き合うかはいつだって父親の大きな悩みごと

ティーンエイジャーにさしかかる長女のこと。 そろそろ父親としての距離感が気にかかってきた。 今6年生。 風呂上がり、こっちが少しずつ気にかけるのもお構いなしで、フラフラと無防備に家の中を歩くあたり、まだ子供っぽさが抜けない。 でもこの前の修学旅…

どうした!?品川、たまにはええこと言うやん。

今日は10月19日、一足早いけど、週末なので妻の誕生日祝いをした。 秋晴れの中、家族でぶらぶらと歩きながら、近所のフレンチレストランへランチに。 感情の浮き沈みの激しい妻、ここ最近は子育てに振り回されていてスランプ状態。 なかなか浮いた感じの日が…

毎日を少しだけ面白く過ごしたい人へ

スーツを来て西宮駅を降りると奇妙な感覚にとらわれる。 きっとそれは普段ならパパとして、それか義理の息子として降り立つ妻の実家の最寄り駅だったからなんだろう。 今の部署に来てから半年、珍しく出張の機会を得た。 アジアやアフリカへの1週間の出張を…

4万回とあと150回、どっちもありがたい

昨日休みをもらったので、久しぶりに平日の夜に家族で一緒に夕食を食べることができた。 妻が作った天ぷらをおいしいといいながら食べた。 この日の夕食時は、みな機嫌も良く団欒気分だった。 毎日こんな感じで平和な団欒ができるといいんだけど。 さて昨日…