読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

昔の人たちが思い描いた未来の日本の姿が秀逸

社会・世界のこと

今日社内で開催されたフューチャーセッションに参加した。

 

未来のありたい姿をみんなで考えよう、というもの。

 

その中で面白い話を聞いた。

 

f:id:ara4daddy:20140628004441j:plain

 

昔の人たちは未来をどのように予測していたのか。

 

紹介されたのは江戸時代に描かれた、日本の100年後を想像した絵。

それがなかなかいけてる。

 

 

 

 

・旬の時期でなくてもカツオが食べれる様子。

・当時よりも女性が社会的に強くなってる様子。

そして、

・年寄りになっても遊郭でイケイケになってる様子。

 

明治時代だともっとすごい。

・無線電話で海外と電話。

・7日間で世界一周ができる。

・写真電話ができる。

・写真電話で買い物ができる。

秀逸だったのは、

・葉巻型の列車で東京・神戸間を2.5時間で行ける。

・台風を一ヶ月前に予測して、大砲で飛ばせる。

 

さすがに最後のは難しいけど、すごいね、昔の人たちの予測力は。

 

昔の人たちが思い描いた未来はとことん実現してる。

 

かたや現代の僕らは日本の将来をどう予測するだろう。

 

2060年の日本は、今の3分の2の人口、そしてその4割が65歳以上だそうだ。

一方15歳未満の子供の数は、半減してたった800万人らしい。

 

人口構成を変えるのは難しい課題。

 

でもせめて明るい未来は自由に思い描きたいもんだ。

 

思い描けば実現できるかもしれないから。