読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

小さな勇気

生活・人生のこと

今日は挨拶回りのため、直接外勤先に行った。

 

いつもと違って東京までの電車に乗る。

 

f:id:ara4daddy:20140311083122j:plain

 

いつもより少し遅い時間だけど、それでもラッシュの名残で乗客は多い。

 

電車に乗ってたらどこからともなく、小さいお子さんのぐずる声が聞こえてきた。

見ると家族で何処か遠出する感じ。

 

そうか、東京からどこかにいくんだな。

 

必死に子供をあやす。

 

そうなんだよ。

わかる、その気持ち。

 

どうしても電車に乗らないといけない局面はある。

でも特に朝夕のラッシュ時は子供なんてお呼びでない。

 

親たちもそれを痛いほどわかってるだけに、どうか大人しくしててねと祈りながら乗ってる。

 

でも子供達は敏感なので、そんな親たちの緊張感すら違和感に感じ取って不安に感じる。

 

ああ、かわいそう。

 

公共の交通機関なので、誰かが遠慮すべきというものでもないはず。

しかも幼い子供は、自らを自制することなんてできない。

 

でも何か受け入れない雰囲気が緊張感を増す。

 

「どうぞ」

 

近くにいた若い人が赤ちゃんを抱えるお母さんに席を譲った。

 

とたんに空気が和むのを感じる。

 

そうなんだ、ほんとはみんな悪い人じゃない。

ほんのちょっと勇気が必要なだけだったんだ。

 

みんな優しい気持ちでいられたら、みんなもっと幸せな気分をお互い与えられるだろうに、と感じた今朝の出来事。

 

<関連記事>

これまでストレスに感じてたことが、突然幸せなことに見えてくる驚きの事実 - アラフォー父ちゃん

飛行機墜落の心理状態 - アラフォー父ちゃん

ああ、甘え上手が羨ましい。しっかり者の憂鬱 - アラフォー父ちゃん

悩みや苦しみで押しつぶされそうな時にあなたを救ってくれること - アラフォー父ちゃん

みんなだって浅田真央選手とおんなじ。苦しみの向こうに見えること。 - アラフォー父ちゃん

一生懸命日々を過ごすミャンマー人に背筋を伸ばされる - アラフォー父ちゃん

iphoneなくした!そしたら幸せがふってきた。 - アラフォー父ちゃん

「リア充」なんか一生無理。 リア充相対性理論 - アラフォー父ちゃん