読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

40歳の誕生日に自己啓発本を並べたけど、結局凡人の幸せは自分で考えるしかないと気づいた。

生活・人生のこと

ついに来ました折り返しの時。

 

今日40を迎えました。

 

まあ迎えたからと言って、昨日と何かが劇的に変わるわけでもなし。

急に偉くなるわけでも落ち着くわけでもない。

健康状態が悪くなったり、何かを悟るわけでもない。

 

ただ、これまでは「アラフォー」気取りでいた時、そこにはどこか「まだ30歳代だけど、もうすぐ40なんだよね」的ニュアンスが含まれてたけど、もはやジャスト40、これからは「アラフォー」にすがる日々になる。

 

さて、40になったらどう生きるか。

これがまた死活問題。

 

 

今の時代、典型的な人生があるわけでもなく、昔よりもさらに先が見えない。

だからどうしても何か羅針盤が欲しくなる。

 

そういう団塊ジュニア世代を狙った自己啓発本の多いこと。

正直そのいくつかは実際に読んだので、自分もその部類だけど、そうやって何か自分にとってガイダンスになる拠り所が欲しくなるのよね。

 

40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

 

  

40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

 

  

35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画

35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画

 

 

ちなみに、自分が手に取った本はこの3つ。

 

きっとこれ以外のどれもそうだと思うけど、「なるほどー」、「そのとおり」と思う一方で、どうしても成功者の知恵と思ってしまうだけに、「そうなれると世話ないね」という思いが交錯する。

 

その時点ですでに凡人。

40歳になっても、何か高いビジョンを持ててるわけでもなく、秒速で成長を加速させてるわけでもない。

 

一流の人のように何かを成し遂げられないにしても、せめて残り40年、悔いなく充実した日々を送りたい。

 

こんな名もなき一般人がどうしたら、途中でくじけずに「自分なりに幸せ」と思えるかを考えた。

 

1.仕事は誠実に

もう40、でもまだ40。

今の時代65ぐらいまで働くと思ったらまだ25年もある。

 

だからといって、年を取るにつれ、求められる人材、必要となる人材になれるかが自分のキャリアを左右する。

僕みたいなサラリーマンだと、誰もが認めるプロフェッショナルとして突出するものを持っているわけではない。

 

でも、前のgoogleが求めるマネジメントの記事のように、人間性が左右することは大きい。特に中堅以降になると。

 

だからひとつひとつの仕事には前向きに、真摯に取り組みたい。

きっとその積み重ねが10年後、20年後の自分にチャンスをもたらしてくれる。

 

2.迷ったら会う

まだ40年。

でも思ったより大事な人たちに会える回数は限られてる。

 

特に親。

うちの親もあらセブ。

 

毎年正月やお盆に帰るけど、年2回会えるとしてもあと20回もない。

他の親戚や遠い友人とかになると、本当にあと何回会えるかわからない。

 

自分の半生を見守ってきてくれて、成長させてくれた大事な周りの人たち。

 

恩返しせずに永遠に別れることになると、これほど後悔することはない。

 

3.続けられる健康維持

2014年、年明けの目標として「健康」を掲げた。

あまりにありきたりだけど、そろそろ本当に気を付けたいから。

 

年明け早々、毎朝走ることも自分に課した。

 

でもだめだった。

これだけランニング、マラソンブームだけど、自分にはこなかった。

 

一人で走るのはあまりにつまらなさすぎた。

正直性に合わなかった。

 

だからといって健康をないがしろにはできない。

 

自分にあった、続けられる健康維持の方法。

それが最低限必要なことかな。

 

まあまずは気づいたら歩くこと、エレベーターもエスカレーターがあっても、ぐらいからかな。

 

4.日々これ感謝

日々過ごしてると、どうしても浮き沈みはあるし、イライラすることも腹が立つこともある。

 

でも残されたときは確実に減っていくし、嫌な気分でいるだけもったいない。

 

せめて毎日布団に入る時ぐらいは「今日もいい一日だった」と思うようにしたい。

最初はうそでも思い込みでもいい。

 

でもきっとそのうち、良かったことを探すようになるし、良かったと思えるよう一日一日を大事に過ごし始めるような気がする。

 

そしてなにより、気持ちが健康になる。

 

今日は誕生日を祝ってくれた家族に大感謝。

メールやSNSで祝ってくれた大切な人たちにも感謝。

 

ありがとう。

 

<関連記事>

飛行機墜落の心理状態 - アラフォー父ちゃん

ああ、甘え上手が羨ましい。しっかり者の憂鬱 - アラフォー父ちゃん

天下のGoogleでさえ驚いた、ビッグデータを使った結果明らかになった理想の上司になる8つの教え - アラフォー父ちゃん

自分の人生はイケてないかもしれないけど、「悪くない」とは思えること見つけた - アラフォー父ちゃん

ビルゲイツも引用した20年前のルールは今でも子供達に伝えたい名言 - アラフォー父ちゃん

悩みや苦しみで押しつぶされそうな時にあなたを救ってくれること - アラフォー父ちゃん

小さな勇気 - アラフォー父ちゃん

「リア充」なんか一生無理。 リア充相対性理論 - アラフォー父ちゃん

英語の苦手意識が拭えない3つの理由 - アラフォー父ちゃん