読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

自分を幸せな気分にしてくれる模範的スポーツファンのススメ

生活・人生のこと

またしんどい季節が始まった。

 

プロ野球シーズン。

 

いつの間にか阪神ファン歴20年を超えてきたけど、これから一喜一憂の毎日が始まる。

 

f:id:ara4daddy:20140407091306j:plain

 

それにしてもこういうプロチームを応援するということが、何か自分の人生に良い影響を及ぼすことはあるんだろうか。

 

むしろ心象に宜しくなくて、イライラさせられることの方が多いような。

 

しかも自分の場合は阪神ファンというよりは、むしろアンチ巨人ファン。

 

だから実は阪神が勝つより巨人が負ける方が二倍楽しい。でも直接対決で負けようものなら、三倍分の悔しさを得られたりして、浮き沈み激しすぎる。

 

何が歯がゆいって、自分が声を上げたところで何か直接的にプレーに影響を与えるわけじゃないということ。

 

以前松井秀喜選手がプロとして安定して実績を残す秘訣として、「自分で出来ることに精一杯取り組む。それ以外は気にしない。」というようなことを言ってた。

 

全く正反対やん、野球ファンって。

 

となると幸せなファンとは何か。

応援すること、そのものに喜びを持つということか?

 

ムリムリ。

 

でも昨日、子育てでの勝手な親の期待のことも書いたけど、結局それも似てるような気がする。

 

どうしても自分の力が及ぶ範囲を勘違いしてしまうんだよなあ。

 

自分が及ぶことには全力をそそぐ。それ以外の結果は気にしない。

 

そういえば、浅田真央選手も世界選手権では「メダルを取る」とかは言ってなかった。「自分の全てを出し切ると。」

 

今日から模範的ファンになろう。

 

自分の応援に全力を尽くす。

あとは阪神が買っても負けてもありがとう。

巨人にやっつけられても幸せ。

 

うーん、やっぱり無理。