読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

受験、就活、婚活、昇進、子育て、人生のあらゆる局面で成功に導くたった2分の行動。

 

受検が近づくとマイペースの長女もさすがに不安を覚え始めてるようだ。

しかもリハを兼ねていろいろ模試を受け出してるだけに、どうしてもその結果に一喜一憂し、ともすれば自信を失いがちになる。

そんな長女の様子を見て、何かヒントはないかと妻が探して見つけてきたサイトは珍しくTEDだった。

f:id:ara4daddy:20141118221926j:plain


有名教授だしいろんなところでとり上げられてるので広く知られた話だろうけど、今回は受検を控える子供達への接し方ということで、教育関連サイトでも紹介されていたのを見つけたようだ。

「感動したからぜひ見て」と言われたので、今朝通勤電車で見た。
確かにこれはどこか心揺さぶるものがあった。

TED [ideas worth spreading「面接前にこのポーズをとれ、ボディランゲージが人を ...

(まだ見たことない人は必見の20分です)


きっと本人の過去の自分を自ら振り返っての体験談が身に迫ったからだとはおもう、でもとにかく考えさせられた、そして勇気付けられた。

 



これまでも自分自身ポジティブでありたいと思っていたし、そのためにも子供達にはできるだけ叱るより褒めて、また言葉を選んできたつもりだ。

その意味ではTEDのメッセージ自体は目新しいものでもないと言えるかもしれない。

ただ、こうやって科学的に論じてくれると、僕らの言動がいかに周りに、そして自分自身に影響を与えているかを痛感せざるを得ない。

人々は自信がありそうな人の方に関心を持つ。
そしてその自信は自らの行動で養うことができる。
それも毎日たった2分の行動で!

長い人生、いろんな大事な局面があり、試される場面がある。

受験、就活、婚活、昇進、転職、企業、子育て、、

たった2分の行動で人生が好転するなら、あるいは少なくとも自らその可能性を高められるのなら、意識しておいて損はないはず。

とはいえ自分のことを振り返っても、劇的に変わるのは正直難しい。

でも、自分が歩んできたその軌跡を見ると、不安と勇気の狭間でハードルを少しずつ乗り越えてきたからこそ、自分の能力や自信として徐々に肉づけされてきた気もする。

ハードルを乗り越える原動力として、前向きパワーは確かに助けてくれた。

娘はそのTEDを見て何も言わなかったようだ。
でもかなり食い入るように見ていたらしいから何かしら感じるものがあったのだろう。

年明けに迎える大きなイベントへのエネルギーになればうれしい、でも例えそうならなくても、長い人生を自分なりに前向きに過ごすため、壁にぶつかった時に勇気付けてくれるヒントとして心に留まってくれることを、親としては願ってやまない。

 

<関連記事>

最近の若者ってそっちの下心ないの? - アラフォー父ちゃん

輝く女性ほど結婚しないあるあるを考えてみた。 - アラフォー父ちゃん

僕らにとって豊かで幸せな生活ってなんなんだろう - アラフォー父ちゃん

今度は妊婦にも八つ当たり?優しくない世の中になったなあ - アラフォー父ちゃん

人生で一番熱い時はいつか - アラフォー父ちゃん

自由化すると二極化する。恋愛も結婚もきっとそういう歴史を歩んでるんだろう。 - アラフォー父ちゃん

夫婦円満の鍵は経済学にあり - アラフォー父ちゃん

結婚15年、いまだに価値観の違いで夫婦喧嘩するのつらい - アラフォー父ちゃん

妻が笑わなくなった。 - アラフォー父ちゃん

ヒトとして死んでもよいタイミングはいつか - アラフォー父ちゃん

人間って実は幸せを感じるのが一番下手な生き物 - アラフォー父ちゃん