読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

しっかりものの繰上げ返済が陥りがちな落とし穴

結婚して子供があってローンもあって、典型的な昭和家庭。

 
これから子供たちの教育費がかかる時代なので、一度ライフプランを見てもらった。
 
見てもらって良かった〜
 
f:id:ara4daddy:20140407091328j:plain

あいにくずっと貧乏暮らししかねないところだった。
 
どうしても人は借金することに重荷感というか警戒感を持ってしまうもの。
 
なので、僕も返せる時に返そうとせっせと繰上げ返済してた。
 
でもそれが落とし穴。

このままのペースでいくと、一番お金のいる10年後ぐらいに枯渇しかねない。

しかも退職する頃にはまた黒字に戻るのに。
 
会社で言うと、キャッシュフローに失敗した典型的な黒字倒産パターン。
 
しかも、万一のこと、という意味からも、ローンがあればその分自分がどうにかなってもその分は免除になって残された人が助かるのに、わざわざその効果を減らす行為をしてた。
 
自分の手元現金を削って。。
 
節約して我慢して、そしてキャッシュフローが回らなくなる。
何をやってるんだろうか。
 
ローンというのは、もちろん長く借りる分利息はたくさん払うけど、その代わり、キャッシュフロー負担を抑えて、自分に時間とお金の使い方のチャンスを与えてくれるのね。
 
子供達が育つ今、思い出に残ることをせず、元気で過ごせるかわからない老後にばかりお金を残すのも、なんとも損な人生だ。