読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

日本語と英語でこんなに違う!卒業するということ

今週のお題「卒業」

f:id:ara4daddy:20140329145300j:plain

 

ずいぶん風が暖かくなってきた。

桜の花も咲き始めた。
 
ここ数週間は袴を着た学生もよく見たしそこかしこで卒業している人たちがいる。
 
卒業って、どこか琴線に触れるものがある。
それまでの軌跡を思い出されるからだろうか。
 
そう思いながらも、もう大人になるとそういう卒業を味わう機会は随分減っていく。
 
卒という漢字は漢和辞典で「終える」という意味。きっと辞めるというのとは少し違う。
 
その意味では自分にとって残された卒業は、定年退職と、死ぬ時ぐらいかも。
 
それって寂しい。
 
もっと卒業を感じられるものはないかと、その意味について考えた。

 

 
卒業と修了は違うんだろうか、とか。
そんなことを考えてるうちに、ふと英語だとなんて言うんだろうと、辞書をひいてみたら、驚きの発見が。
 
もちろん最初に出てくるのはgraduation。
でも辞書によると、commencementと出てくるものも。
 
ん?!
 
全然意味違うくない??
 
「始まり」という意味。
 
日本人の感覚では、卒業にノスタルジーを感じるのは、そこまで歩んできた過去を振り返るからかも。
 
でももしかすると、英語の世界では全然違うのか??
 
そう気になり始めて、graduationの語源を調べるとさらに驚きが。
 
語源はラテン語のgradus、階段、段階を意味するらしい。
 
そうなんだ、それはまさにステップということ。
 
終えるんじゃない。
 
大人になってもまだまだ階段はある。
 
学生さんたちと同じなんだ。
 
<関連記事>

明日新社会人になる方へ。お節介ですが、勝手に親目線で応援の手紙を書いてみました。 - アラフォー父ちゃん

これまでストレスに感じてたことが、突然幸せなことに見えてくる驚きの事実 - アラフォー父ちゃん

飛行機墜落の心理状態 - アラフォー父ちゃん

ああ、甘え上手が羨ましい。しっかり者の憂鬱 - アラフォー父ちゃん

悩みや苦しみで押しつぶされそうな時にあなたを救ってくれること - アラフォー父ちゃん

みんなだって浅田真央選手とおんなじ。苦しみの向こうに見えること。 - アラフォー父ちゃん

一生懸命日々を過ごすミャンマー人に背筋を伸ばされる - アラフォー父ちゃん

小さな勇気 - アラフォー父ちゃん

iphoneなくした!そしたら幸せがふってきた。 - アラフォー父ちゃん

「リア充」なんか一生無理。 リア充相対性理論 - アラフォー父ちゃん