読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

ストレスの多い社会で生き抜く秘訣

異動して一週間、本当に時間の経つのが早い。

 

というより、常に時間に追い立てられてる感じ。

 

f:id:ara4daddy:20140311083034j:plain

 

企画部門って、頭脳と言われれば聞こえがいいけど、何でも屋という感じ。

 

とにかく毎日毎時間いろんなことが舞い込んできて、しかもそれを迅速に処理しないといけない。

しかもいろんな関係者がいて、思い通りにならない。

 

なんか誘導の仕方もろくに習わないまま、交通の往来の多い途上国の交差点に放り出され、なすすべなく立ち往生する警官の気分。

 

 

もうアップアップ。

でもこの課でみんなサバイブしてる。

 

今のような特にストレスのかかる部署を乗り切るにはどうしたらいいのか、ストレス耐性を身につける振る舞いはどういうものなのか調べてみたら8つの秘訣が出てきた。

 

1.まあいいかと受け流す。

2.マイペースを保つ。

3.人生思い通りにならないと思う。

4.誰のせいにもせず、運が悪かったと思う。

5.相手の事情も理解できる。

6.何事も経験と思う。

7.周囲を頼れる。

8.現実逃避が上手。

 

確かに課のみんなにはそういう雰囲気を感じる。

みんな真面目で責任感も強いけど、どこか突き抜けた割り切りというか前向きさがある感じ。

 

みんな、一杯一杯です、と言っててそれは確かだと思うけど、オフはオフでちゃんとそれなりにスイッチを切り替えられる人たちなのかなと思う。

 

自分はまだその自信はないけど。

 

こういうストレスに強い人になるには扁桃体を鍛えるのがいいみたい。

 

どうやって鍛えるかもいくつか方法があったけど、自分にできそうだなと思ったのは、「自然を感じ空を見る」こと。

 

せっかく四季のある日本にいるし、まだまだ寒いけど、ひと月後には桜の季節。

そういう季節の移り変わりを感じるのは確かに仕事とかけ離れた摂理を感じる意味でもいいかも。

 

そういえば、去年心理的に苦しかった時に、何気なくすがったのは仏教の本と宇宙や物理の世界の本だった。

 

要は世俗を超えた部分を見ることで、日々自分が囚われてるところから距離をおこうとしたのかも。

 

まあ、幸い日々の仕事で誰かの命が危うくなるようなぎりぎりのことをしてるわけでもない。

 

ベストを尽くして、あとはなるようになると思えば気楽かな。