読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

確かに天然女子はかわいいと思うよ。でも付き合うなら修行と思った方がいい。

世の男性はどんなタイプの女性が好きなのか。

男子はやっぱり「天然女子」が好きなの!? 疑いの目も…… | 「マイナビウーマン」によると、やっぱり男は頼られたい方が多いのか、天然女子は好きか、という質問で3分の2がyesだった。

 

そうかそうか、わかるぞ。

天然女子は楽しいよ。癒されるよ。

 

でも、気をつけろ。

付き合うなら覚悟はいるぞ。

  

うちの妻、出会ってからかれこれもう17年目。

 

それはもう自他ともに認める天然女子。しかも筋金入り。いや自分としてはやっぱり天然は気持ちいいわけではなくしぶしぶだが。

 

これまで彼女がやってきた栄光の数々は語りつくせない。

 

こういうのって、驚きやおもしろさはその瞬間にこそ輝くので、文字に起こすとその10%も伝わるかわからないのが惜しいけど。

 

付き合い始めて初めてあげた財布をさっそく落とす。

 

就職先はお堅い、半沢直樹系の職場だったけど、まあ典型的なおっちょこちょい。

愛嬌なのかなぜか営業成績は抜群だけど、書類不備だらけで先輩女性たちには毎日怒られるようなタイプだった。

銀行員ならそのうざさはよくわかるはず。

 

もともと学生時代から、上履きをはいたまま駅まで歩いて行ったり、修学旅行の大事な日に集合場所に行くバスを乗り間違えて、大遅刻するような女の子、そもそもそんな子が銀行に入ろうと思ったところからおかしい。

 

なんとかその暗黒時代を乗り越えて結婚、楽しい新婚生活で一生懸命家事をしていた。

 

一時は節約に目覚め、節電に打ち込んだ。

まだ子供がいないころ、二人で帰省すべく、会社帰りの僕と東京駅で待ち合わせて新幹線に乗り込んだ。

 

いろんなコンセントをしっかり抜いてきたと自慢げに話す妻。

冗談で「そうか、冷蔵庫もか」というと、

「あっ、、」

 

まじか。

 

結局節電効果を見事に吹き飛ばしてくれる廃棄処分の冷凍食品が出た。

 

最近でも、財布を忘れるサザエさん状態は日常茶飯事。

この冬は、先に入った妻から「いい湯だったよ、入り~」と言われて、いざ入ろうとしたら、間違えて湯船の湯が落とされていた。。

 

毎日がこんな調子。

 

でもいいこともあるよ。

 

子どもがしっかりする。

 

そして何より自分の隠れた性格に気づかされる。

 

どMであること。

 

まあ、毎日こんな調子で振り回されるもんだから、少々のことでは不感症になる。

というよりもむしろ毎日やってくるトラブルが快感になってくる。

 

自分も周囲も含め、やっぱり結婚がうまくいってるカップルは何か良い凸凹夫婦に見える。

 

そういううちもそんな天然女子とそれなりにつり合いが取れてるわけで、こちらはそれはもう無機質な常識人間。まさにA型長男タイプ。

おもしろみもなんともない。

 

だからこそ天然女子のスパイスが心地いいのかな。

 

もうちょっと薄めでいいですが。

 

<関連記事>