読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

いじめが増える原因、減る原因

先日の記事「あなたにもできる、いじめを減らすためのほんのわずかなこと - アラフォー父ちゃん」で、いじめ反対運動のことを紹介した。

 

でも残念ながらいつの時代、どこの社会でもいじめは存在していて、今週もいくつか残念にも自ら命を落とした学生たちの記事を目にした。

 

いじめはどうしておこるんだろう。
どうやったら減らせるんだろう。

  

以前見つけたひとつのヒントとなる動画を紹介したい。

 


デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」 - YouTube

 

以前TEDでもおすすめの動画になっていたので目にしたひともいるかもしれない。

 

広場で変な踊りをする一人の周りに人が集まって踊りだしやがては大きな集団になる、その一部始終が捉えられた動画だった。

そしてその過程でリーダーシップがどのように発生し、そしてなぜその周りにムーブメントが生まれるのかがとてもクリアに説明されていた。

 

これはおもしろい。
まずはぜひ動画を見ていただきたい。


というのもいじめのメカニズムに置き換えると、プラスにもマイナスにも働くように思えるからだ。

 

もちろん最初にバカをやる人が存在するのがスタート、でもそれにきっかけを作るのは、勇気あるフォロワーなのだ。

 

ある実験で、何もないのに街中で3人が上を指さして見上げていたら、通りかかる人の大半は上を見上げたそうだ。

ということは、最初の一人に2人目、3人目がついてきたとき、何かが変わり始めると言える。


ある人(子)が別の子をからかったりバカにしたりしている。
その時あなたはどうする?

 

いじめっ子の側に入っていじめのムーブメントのきっかけを起こしてやる?

もし誰かが勇気を振り絞って「いじめ反対」の行動を起こしたら、それともその行動を起こすことを迷っていたとしたら、そっち側のフォロワーとして力を加えてあげる?

 

リーダーシップが取れるタイプでなくてもフォロワーになれる人はいるかもしれない。
でもそのフォロワーの動き次第では、そのあとに続く人たちに良くない影響を与えていくことになるかもしれない。

 

特にいじめや人間関係においては心しておきたいもんだ。

<関連記事>

あなたにもできる、いじめを減らすためのほんのわずかなこと - アラフォー父ちゃん