読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー父ちゃん

仕事、家庭、育児、人生、惑いまくりの名もなき団塊ジュニアのつぶやき

子育てに疲れたときに読む本

f:id:ara4daddy:20140130072900j:plain

 

うちは子ども3人。小学生2人と魔の2歳児がひとり。

 

それはもう毎日奮闘で。

「勉強しなさい!」「早くしなさい!」「寝なさい!」と今日もおだやかな時間などない。

 

その横で、万能の神は、なんでも自分でしたがっては、ボタンがうまくはめられないと泣き、靴を履く順番が違うと怒り、夜中にアンパンマンを見たいとわめく。

 

普段仕事に出る旦那さんだって、土日だけででうんざりしいらいらする。

だから四六時中付き合ってる母さんなんてなおさら。

だいたい仕事から帰ってきたらヘトヘトになって寝てるし、子どもの世話があるので炊事・洗濯が思うように進まないとイライラ。

 

親にとって自分の子どもはかけがえのないもの。
でもそう頭ではわかっていても、子育てはなかなか思い通りいかない。

なんでこんなしんどい思いしないといけないんだろうと投げ出したくもなる。

 

 

もう嫌!!!
って思うとき、いつも僕らを救ってくれるものがある。

 

ラヴ・ユー・フォーエバー

ラヴ・ユー・フォーエバー

 

 

長女が生まれた時に親友から贈ってもらった。

この本のページをめくりながら、子供を持った喜び、これから親としてこの子と接していく喜び、そして何よりも、幸せな親になれるまでに育ててくれた両親への感謝があふれ出て、夫婦そろって号泣したのを今でも鮮明に覚えてる。

 

そしてその後子育てに疲れた時、この本をめくっては、子どもたちが生まれてきてくれた瞬間、何気ないしぐさや表情を見て、その存在そのもののいとおしさをもう一度思い返す。

 

けんかもする。毎日わめき散らしてぶつかる。

そんな裸の取っ組み合いをしながらも、そこにはやっぱり心からの信頼と愛情があるはず。

 

<関連記事>

子供の自己肯定感が育つ方法は知ってるのに、なんで実際にはうまくいかないんだろう。 - アラフォー父ちゃん

子供がぼっちになるのを気にする前に親が気にしておくべきこと - アラフォー父ちゃん

子育てに悩むぐらいならいっそ育児放棄した方がはるかにうまく行くと分かった - アラフォー父ちゃん

茂木健一郎さんの偏差値入試批判はわかるけど、親として言いたいこと。 - アラフォー父ちゃん

学校では決して教えてくれないこと - アラフォー父ちゃん

何が楽しくて子育てしてるんだろう、という疑問にこたえてくれる話を発見した - アラフォー父ちゃん

ミャンマーに来て思う、子育てのために親がしてはいけないこと - アラフォー父ちゃん

中学受験が何故そんなに大事なのかがわからない。 結局親が子育てに求めること。 - アラフォー父ちゃん

子育てはつらい、でも大切なことを気づかせてくれる。 - アラフォー父ちゃん